挟み込む脱毛機をおすすめしないわけ

家庭で簡単に脱毛できるものとして電動毛抜き機があります。
こちらはローラーでムダ毛を挟み込んで抜くというわかりやすい原理の脱毛機です。

大手メーカーからも販売されていることから、一度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんな挟み込んで抜くタイプの脱毛機、実はあまりおすすめできないのです。



挟み込んで抜くだけではうまく抜けたとしてもまた生えてきます。

さらにローラーで挟むだけなのでうまく抜けずに切れ毛になる可能性が高いです。
すると埋もれ毛がたくさんできてしまいます。



肌内部でとぐろを巻いて生える埋もれ毛は、この種の脱毛機ではもうケアできません。



挟み込んで抜くタイプのもう一つの問題が痛みです。
自分で毛抜きで抜く場合、1本ずつなのでそれほど痛みはないですが、ローラーで挟み込んで一度に大量を処理するのでかなり痛いです。

ガムテープを貼ってベリッと剥がすのに近い痛みを伴うのです。

もちろん電動毛抜き機が悪と言ってるわけではありません。

きれいに抜ければ短時間で処理できるすぐれた脱毛機です。

ただ、うまく使いこなすにはかなりの技術が必要なので、初心者にはあまりおすすめできないのが実情なのです。

家庭で痛みなく、失敗もなくきれいに脱毛できるのが光脱毛マシンです。マシンは数万円とそれなりの値段がしますが、シェービングをして照射をするだけととても簡単なのに正しく使用することでツルスベ美肌をゲットできるのです。