レーザー脱毛機の特徴とは

レーザー脱毛機は、主に美容クリニックで脱毛を行う場合に使用されている、脱毛のための機械になります。

文字通り、これは皮膚にレーザーを当ててむだ毛を処理していくというもので、ダイオードやアレキサンドライトなどいくつかの種類があります。



レーザー脱毛機を使用した場合、皮膚に当てられたレーザー光線が毛根に作用することで、そこにある組織を破壊していくという仕組みになっています。



レーザーは、皮膚や毛に含まれているメラニンという黒い色素に反応するようになっています。
毛根の組織が破壊されるため、だんだんにむだ毛が薄くなっていったり、完全になくなるのがレーザー脱毛機の特徴となります。レーザー脱毛機を使用すると、痛みや熱さなどを感じる場合があります。

そのため、施術時には冷却用のジェルなどを皮膚に塗った状態で機械を使用することが多いです。

また、機械のヘッド部分に冷却装置などが付いている場合もあります。



熱さや痛みの程度は人によって異なりますが、おおむね皮膚をゴムで弾いたくらいの感覚だと思っておくと良いでしょう。


レーザー治療機は、医師免許がない場合使用ができません。


そのため、美容クリニックには必ず医師免許を持ったスタッフが在籍しています。
きちんとした資格をもったスタッフが治療に当たってくれるため、安全性の点でもリスクが低くなっています。


また、光脱毛機に比べると出力が高いため、むだ毛に対する効果が高く、施術期間も比較的短くて済むという特徴があります。